ニュース

テクノロジーブログ

2023年5月30日

Webサービスとは何か、Webサービスの基礎知識

Web サービスは、ホスティングや顧客関係管理 (CRM) などの主流のサービスから、株価の提供やオークション商品の入札の確認などのより限定的なサービスまで多岐にわたります。 この用語は、アプリケーション サービスと呼ばれることもあります。

a

最近では、「Web サービス」という用語を聞くと、すぐに amazon の Web サービスや Google の Web サービス、Google Cloud Platform を思い浮かべることができます。 ただし、あらゆる技術的進歩にもかかわらず、Web サービスのプロセスとテストは依然として複雑な概念です。

では、Webサービスとは何でしょうか? この概念はどのような役割を果たしますか? 以下の記事からTechzenで調べてみましょう!

Web サービスとは何ですか?

まず、Webサービスとは何でしょうか? Web サービスまたは Web サービス 標準化されたメッセージング プロトコルを使用し、顧客または他の Web ベースのプログラムが使用するためにアプリケーション サービス プロバイダーの Web サーバーから利用できるインターネット ソフトウェアの一種。

web service
Web service

ユーザーは、サーバーにアクセスする代わりに、横並びの配置を介していくつかのWebサービスにアクセスできます。 一部のサービスは他のサービスと通信できます。 この手順とデータの交換は、通常、ミドルウェアとして知られる種類のソフトウェアによって可能になります。

Web サービスの開発は、すべての主要なプラットフォームがインターネットにアクセスできる場合に発生しますが、異なるプラットフォームは相互に対話できません。 Web サービスは、機能、メッセージ、プログラム、オブジェクトをインターネットの他の部分に公開することで、プラットフォームを次のレベルに引き上げることができました。

人気のある種類の Web サービス

Web サービスには、次のような一般的なタイプを含む:

  • XML-RPC (リモート プロシージャ コール) は、さまざまな種類のデバイス間でデータを交換するための最も基本的な XML プロトコルです。HTTP を使用して、データやその他の情報をクライアントからサーバーに迅速かつ簡単に転送します。
  • UDDI (汎用記述、検出、および統合) は、Web サービスの詳細化、公開、および検出のための XML ベースの標準です。これは基本的に、世界中の企業のインターネットレジストリです。目標は、会社のシステム間のデジタル トランザクションと電子商取引を合理化することです。
  • SOAP は、HTTP または SMTP (簡易メール転送プロトコル) 経由でデータやドキュメントを交換するための XML ベースの Web サービス プロトコルです。これにより、異なるシステム上で動作する独立したプロセスが XML を使用して通信できるようになります。
  • REST は、API ベースのタスクのためにデバイスとインターネット間の通信と接続を提供します。 ほとんどの RESTful サービスは、サポート プロトコルとして http を使用します。

Web サービスはどのように機能するのでしょうか?

以下の図は、Web サービスの仕組みを非常に簡略化して示しています。 クライアントは、実際の Web サービスをホストするサーバーに一連の Web サービス呼び出しを送信するよう要求します。

sơ đồ hoạt động của một Web Service

リモート プロシージャ コールは、これらのリクエストを行うために使用されます。 関連する Web サービスによってホストされるメソッドの呼び出しは、リモート プロシージャ コール (rpc) と呼ばれます。たとえば、flipkart は、flipkart.com で提供される商品の価格を表示する Web サービスを提供します。 ユーザー インターフェイスまたはプレゼンテーション層は .net または Java で作成できますが、Web サービスはどちらのプログラミング言語でもインターフェイスできます。

クライアントとサーバー間で交換されるデータは XML であり、Web サービス設計の最も重要な部分です。XML (拡張マークアップ言語) は、さまざまなプログラミング言語で理解できる単純な中間言語です。 HTMLのコピーです。 プログラムが相互に通信するときは、XML を使用します。 これにより、異なるプログラミング言語で書かれたアプリケーションが相互に通信するための共通のプラットフォームが作成されます。

アプリケーション間で XML データを渡すために、Web サービスは SOAP (シンプル オブジェクト アクセス プロトコル) を使用します。 データは標準の http を使用して送信されます。 ソープ メッセージは、Web サービスからアプリケーションに送信されるデータです。 XML ドキュメントが SOAP メッセージに含まれるすべてです。

Webサービスのコンポーネント

XMLと HTTP は、最も基本的な Web サービス プラットフォームです。次のコンポーネントは、すべての一般的な Web サービスで使用されます。

SOAP (単純なオブジェクト アクセス プロトコル)

soap は「シンプル オブジェクト アクセス プロトコル」の略です. これはトランスポートに依存しないメッセージング プロトコルです。 SOAP は、XML データを SOAP メッセージとして送信することに基づいて構築されています。各メッセージには、xml ドキュメントと呼ばれるドキュメントが添付されます。 XML ドキュメントの内容ではなく構造のみが考慮され、パターンに従います。 Web サービスと SOAP の最も優れた点は、すべてが標準 Web プロトコルである http 経由で送信されることです。

UDDI (概要、発見、統合)

UDDIは、サービス プロバイダーのオンライン サービスを指定、公開、および検出するための標準です。 Web サービスを介したデータの保存をサポートする仕様を提供します。UDDI は、WSDL ファイルを保存できるリポジトリを提供します。これにより、クライアント アプリケーションは WSDL ファイルを探索して、Web サービスが提供するさまざまなアクションについて知ることができます。

UDDI レジストリには、電話帳と同様に、特定の個人の名前、住所、電話番号など、オンライン サービスに必要な情報が保管されます。

WSDL (Webサービス記述言語)

Web サービスが見つからない場合、そのサービスは使用できません。Web サービスを呼び出すクライアントは、Web サービスの場所を知っている必要があります。さらに、クライアント アプリケーションは、Web サービスを適切に呼び出すために、Web サービスが何を行うのかを理解する必要があります。これを実現するには、WSDL Web サービス記述言語 が使用されます。 WSDL ファイルは、Web サービスの機能をクライアント アプリケーションに説明する別の XML ベースのファイルです。 クライアント アプリケーションは、Web サービスの場所と、wsdl ドキュメントを使用したその使用方法を理解できる必要があります。

Web サービスを使用する場合の利点と課題 

Webサービスの長所:

  • 「ビジネス機能」を公開する – Web サービスは、クライアント アプリケーションまたはエンドユーザーに何らかの機能を提供するコードの管理単位です。この関数は http プロトコル経由で呼び出すことができます。つまり、インターネット経由でも呼び出すことができます。現在では、すべてのアプリケーションがインターネット上に存在するため、Web サービスの目的はさらに便利になっています。 つまり、Web サービスはインターネット上のどこにでも配置でき、必要な機能をオンデマンドで提供できます。
  • アプリケーション間の相互運用性 – Web サービスにより、異なるアプリケーションが相互に通信し、データやサービスを共有できるようになります。 そのため、特定のアプリだけが理解できる特定のコードを作成する代わりに、すべてのアプリが理解できる汎用コードを作成できるようになりました。
  • 誰もが理解できる標準化されたプロトコル – Web サービスは通信に標準化された業界プロトコルを使用します。 4 つの層 (サービス トランスポート層、XML メッセージング層、サービス記述子層、およびサービス ディスカバリ層) はすべて、Web サービス プロトコル スタックで明確に定義されたプロトコルを使用します。
  • 通信コストの削減 – Web サービスは http プロトコル経由で SOAP を使用するため、既存の低コストのインターネットを使用して Web サービスを展開できます。

Webサービスの課題: Web サービスが成長するにつれて、ネットワーク帯域幅の全体的な必要性や、特定のサービスの需要の増大に伴うパフォーマンスへの影響などが懸念されます。ソフトウェア開発者が Web ベースのアプリケーションとして公開できる既存のアプリケーションを作成または変更できるようにする新しい製品がいくつか登場しました。

APIとWebサービスの違い 

API vs Web Service
Web Service vs API

Web サービスと API はよく混同されますが、これらにはいくつかの共通点があるため、これは驚くべきことではありません。ほとんどの Web サービスは、データの取得に使用されるコマンドと関数のセットを備えた API を提供します。 以下に例を示します。twitter は、開発者がサーバーからツイートにアクセスし、JSON形式でデータを収集できるようにする API を提供しています。

ただし、次のことに留意してください: すべての Web サービスを API にすることができますが、すべての API を Web サービスにできるわけではありません。 APIとWebサービスの違い:

  • API はアプリケーションまたは iis (インターネット情報サービス) でホストできますが、Web サービスは iis でのみホストできます。
  • Web サービスはオープンソースではなく、JSON (JavaScript オブジェクト表記法) または XML を理解するために使用されますが、API はオープンソースであり、XML にのみ使用されます。
  • API は軽量のアーキテクチャです (帯域幅が制限されているデバイス (スマートフォンなど) に最適です。Web サービスは、ネットワーク データの送受信に SOAP を必要とするため、軽量のアーキテクチャではありません。
  • API はあらゆる形式の通信を使用できますが、Web サービスは SOAP、REST、および XML-RPC のみを使用します。
  • API は、URL、リクエスト/レスポンス ヘッダー、キャッシュ、バージョン管理、コンテンツ形式をサポートします。 Web サービスは http のみをサポートします。

APIとWebサービスの類似点:

  • どちらも http/https 経由でアクセスされ、サービス プロバイダーとクライアント間の通信が可能になります。
  • どちらも関数を呼び出し、データを処理して応答を取得します。

ウェブサービスアプリケーション

Web サービスは多くのアプリケーションに使用されますが、最も一般的なのはコードを再利用して既存のプログラムに接続することです。

Web サービスのアプローチは、開発者がさまざまなニーズに合わせて使用​​および再利用できるコンポーネントにアプリケーションを分割するのに役立ちます。 たとえば、多くのプログラムにはコンバーターやレポート機能が必要な場合があります。これは、一般的な Web サービス通信プロトコルによって可能になります。

さらに、Web サービスを使用して、異なるプラットフォーム間でデータをリンクできます。 すべてのアプリケーションには Web サービス コンポーネントを含めることができるため、任意のプログラムを完全に対話型のプログラムに変えることができます。

結論

そこで techzen は、Web サービスとは何か、Web サービスに関する基本情報を学ぶために参加しました。 上記の知識が、Web サービスについてより一般的な見方を理解するのに役立つことを願っています。 同様のコンテンツに興味がある場合は、techzen のブログでさらに興味深い記事をご覧ください。


関連ニュース